同時廃止と少額管財の違い

自己破産の手続きの中で、同時廃止と少額管財に分けられる決定をされます。財産や借金の内容などにより、どちらかが選ばれることになります。
自己破産を行なっていくなかで、負担の大きさに違いが出てきますので、内容を知っておきましょう。大きな基準としては20万円以上の財産を所有しているかがポイントとなります。
20万円以上の財産を余裕している場合には、少額管財、所有していない場合は同時廃止の決定がされます。このうち、少額管財は、免責不許可自由に当てはまるなど、いくつかの基準があります。
財産や免責不許可自由などは、裁判所から選ばれた破産管財人により、必要な調査が進められます。また、同時廃止の場合は、破産管財人による調査は行われず、破産手続き開始決定をうけて、免責手続きを済ませるだけです。
自己破産が成立する期間は、少額管財よりも同時廃止の方が早くなりますね。具体的には少額管財の場合は、半年程度期間が必要になりますが、同時廃止は3か月程度の期間で手続きが全て完了することになります。
また、予納金も同時廃止の方が安く済むことになります。少額管財では予納金が20万円程度になりますが、同時廃止は1万円程度の金額になります。
ただし、同時廃止でも、専門家に手続きを依頼していた場合は、高額な報酬を払う必要がありますので、そこは知っておくようにしましょう。また、高額な予納金を支払うのが困難な人が多いでしょう。そのため、分割払いで払うことを伝えるようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る