最終手段は自己破産

ローンを組んで買い物をするのはいいのですが、支払いが遅れてしてしまうことがあります。遅延が長期にわたってしまう場合には、早めに対処方法を施す必要があります。
支払いができない理由が、うっかりではなく、失職や病気などの場合には、収入の道が途絶えてしまっていますので、最初の契約のままでは支払いを続けることは、困難であるということは誰の目にも明らかです。
自分の全財産を負債に充てても返済ができない場合には、最終手段として自己破産という方法があります。強制的に財産をお金にして負債者に公平に分配して債務を整理するのです。
手続きは、弁護士などの法律の専門家に依頼します。まず、支払の遅延によって、短絡的に自己破産というのではなく、どのような方法を取るのが最適であるかを相談するのが良いでしょう。
支払いが遅延してしまった対策とはいえ、自己破産はできれば避けたい方法です。デメリットが多すぎます。
まずもっている不動産はすべて売却してお金に変えなければなりません。官報や本籍地の破産者名簿に掲載されてしまいます。特定の資格を持っている人は、免責確定までの約3ヶ月間、資格が制限されます。
ではメリットはあるのでしょうか。支払いが遅延してしまったことが原因ですから、自己破産にメリットを期待してはいけません。
しかし、ほとんどの財産は吐き出してしまいことになりますが、生活に必要な最低県の財産は残されます。また、自己破産が理由で職場を解雇することはできないのです、仕事を持っている人はそのまま働き続けることが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る