自己破産申立書の内容

自己破産の手続きで最も大切になる作業が、破産申立書の作成作業です。破産申立書一式は、各地方裁判所でもらうことができ、破産申立書、陳述書、家計全体の状況、財産目録、債権者一覧表のことを言います。
破産申立書は裁判所によって形式が違いますので注意しましょう。記載事項はとても多いので、内容に間違いが無いよう丁寧に書いていきましょう。
自己破産申立をする債務者の氏名、住所、生年月日、本籍地、連絡先などの基本事項から、借金の内容、申立人の経済状況についても書く必要があります。そして、家族や債権者についての情報も必要になります。
陳述書とは、自己破産をすることになった経緯や事情を詳しく書くものです。家計全体の状況とは、2か月間を振り返ってみて、家計の収入や支出を細かく書く必要があります。
財産目録とは、不動産についての情報や記載事項を書きます。例として自動車や、定められた購入価格以上の金額のもの、保険や有価証券、現金や預貯金などの情報を記載しなければなりません。
債権者一覧表は、債権関係についての情報を集め記載します。債権者名や債権者の住所、契約内容、借金の残高などの情報が必要です。
自分でこれらの書類を集め、正確にまとめられる場合は良いですが、自己破産の知識があまり無い方は、専門家に任せた方が早いでしょう。債権者とのやり取りや、書類の作成が順調に進むことは難しいからです。トラブルを防ぐためにも、なるべく専門家の力を借り、自分ひとりで解決できると考えない方が得策です。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る