支払いの遅延で任意整理をする

ローンの支払いは遅延することなく行いたいものですが、どうしても無理になってしまうことがあります。支払いたくとも、資金繰りが厳しくなってしまった場合などです。
このような場合、解決方法はいくつかありますが、その中に任意整理という方法があります。これは、裁判所に仲裁を依頼することなく、代理人を立てて債権者と任意の話し合いで解決するという方法です。代理人には、司法書士、弁護士なとが適任てす。
依頼した、代理人は、ローンの支払先である債権者と、利息、損害金、毎月の支払額などについて、再検討をして負債の圧縮を要請します。あくまでも、遅延を解消して、支払いの継続を念頭にいれた話し合いです。
支払いが遅延して、任意整理を行う窮地に陥ってしまうと視界的なデメリットは覚悟しなくてはなりません。たとえば、新規のローンを組んだり新規のカード審査は数年間は不可能になります。また、支払の継続が目的ですから、元金の減額はありません。
遅延を危惧しての対処方法を講じることで、いくらかのメリットはあります。原則として、将来利息が免除されます。また、任意整理を行ったことは、家族や職場に知られることはありません。手に入れたマイホームを手放すようなことにはなりません。
任意整理は自己破産とは違います。自己破産になってしまったら、社会的地位はすべて失ってしまいますが、任意整理の場合には、負債を返済するという意志のもと、返済は続けるわけですから、社会的地位へのタメージは少ないです。
任意整理は自力で行うこともできますが、司法書士や弁護士などのその道のプロに任せた方が、的確な対処を行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る