自己破産の要件とは

自己破産の要件は支払いができない状態になっていることが挙げられます。自己破産申立をして、支払い不能状態であることが認められた場合、破産手続き開始決定を受けることになります。
この支払不能とは、収入と借金の総額を比べることや、ほかにもいくつかの項目により判断されます。まずは借金を返済することが本当にできないのかということです。これは、考えられる手段を講じても、資金を調達することができない状態という意味で、財産が有るかどうかも判断材料になります。
財産が無いとしても、資金調達をすることが可能だと判断されれば、借金を返済する能力があるということになります。反対に、財産がある場合は、それをお金にすることができない状態の場合、借金を返済する能力が無いと判断されます。
他には、現在の状態で借金を返済することができない場合ということになります。これから先に支払う借金の、支払不能の判断は考えられていません。借金の期限が到来していないにも関わらず、返済ができないかどうかの判断はできないからです。
また、借金を返済出来ない状態が続いていることもあります。そのため、少し資金が足りないだけでは支払不能と判断されることはありません。
また、どのくらいの借金で支払不能とされるかは、債務者の状態によっても異なってきます。サラリーマンと生活保護受給者の場合では、支払不能を認められる金額が違ってくるということです。支払不能の要件に当てはまらない場合は、自己破産以外の方法で債務処理を考えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る