支払い遅延を予防するには

住宅ローンの支払いが順調にできている人でも、いつ遅延してしまうかはわかりません。そのための予防策を講じておくと安心して生活できます。
ひとくちに予防策としてといっても、どのようなことをすればよいのでしょうか。不安の程度によって策はいろいろとことになりますので、前もって方法がわかっていると安心です。
まず、最も基本的なことは、ローンの計画の見直しです。住宅ローンの金利はできることなら見直すとよいのです。住宅ローンの金利はは金融機関によって異なりますので、借り換えによって楽になることもあるのです。
契約した時の住宅ローンが、実勢金利と大きく異なっている場合には、乗り換えをすると支払いが楽になります。楽になった分を預貯金に回せると、いざというときに心強いでしょう。
しかし、金利の見直しには注意するポイントがあります。乗り換えには手数料がかかりますので、金利の格差がそれほどではない場合には、手続きも煩雑ですので、乗り換えはしない方が賢明です。
また、支払の遅延が不安な場合には、生活状況の見直しも必要です。無駄な出費を抑えるだけでも預貯金の余裕が生まれます。
体力や事情が許すならば、家族で協力して収入を得る道を考えるのも良いでしょう。いざというときのために、できるだけ預貯金を増やしておく努力も必要です。
支払いの遅延に対する不安は多くの人が持っています。しかし、不安を持つだけでは解決策にはなません。預貯金を増やしておく努力をするとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る