支払いが遅延したときのペナルティ

カードローンやキャッシングでの支払いが遅延してしまった場合には、どのようなペナルティがあるのてしょうか。
信販系のクレジットカードやショッピングクレジットの利用で支払いが遅れてしまったとしても、それほど厳しい規約は儲けられていません。もし、遅延が生じてしまった場合は、カード会社に対して再振替の手数料が再度かかってしまいますが、損害金は発生しないことが多いです。しかし、再振替での入金手続きは速やかに行うことが大切です。
しかし、手続き等の記録が残りますので、頻繁に記録されるようなことがあると、信用度が下がってしまうことになります。損害金が発生しないからといって、振替が遅れるようなことのないようにしましょう。
信販系に対して銀行系のクレジットカードがあります。こちは規定が厳しくなっていますので、ことさら遅延のないように注意が必要です。
いくら、うっかりだとしても、不注意であることに変わりはありません。クレジットの利用は借金と同じことですから、残高不足はタブーです。支払が遅れてしまった回数が数回であっても、利用停止になることがあります。
キャッシング専用のカードにおいての支払いの遅延は、限度額に関係なく厳しくチェックされます。入金さえすれば良いというものでもなく、利用限度額枠の減額ということもあります。
残高不足でも支払えば大丈夫、と安心してはいけません。お金を借りている以上は支払いが遅れてしまったら、卑屈になる必要はありませんが、真摯な態度で一刻も早くカード会社に連絡を入れ、入金予定などを連絡しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る