自己破産とブラックリストの存在

自己破産をするとブラックリストに登録されると考える人がいますが、そういったことはありません。何故ならそもそもブラックリストが存在しないからです。
不思議と多くの人がブラックリストが存在すると考えているようですが、ブラックリストではなく「個人信用情報機関」に自己破産をしたと登録されるのです。また、事故情報として自己破産は取り扱われますが、これ以外にも登録されることがあります。
例えば、借金の返済が長い間滞っている場合も事故情報として掲載されてしまいます。任意整理や個人再生、特定調停を行なっても、これは変わりませんので、登録されることから逃れることはできないでしょう。
ただ、個人信用情報機関は危ない組織ではありませんので、自分の信用情報を見ることはできます。自己破産をしたという事実がずっと掲載されるというわけでは無く、決まった期間を過ぎれば情報は削除されます。
個人信用情報機関に事実とは違った情報が登録されている場合は別ですが、自分の知らないところで信用情報が不正に取り扱われることはありませんので、特に気にする必要はありません。また、自己破産を行なうと、一定の期間、当たらに借金をすることはできませんし、クレジットカードを作ることも不可能です。
また、クレジットカードを次から次へと申し込みしたりすると、個人信用情報機関にその事実が登録されます。こうなると余計に審査で落とされる確率が増えますので、気をつけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る