1ヶ月間遅延した場合のペナルティ

クレジットカードの利用をして、残高不足などで支払いが遅延となってしまうことがあります。その時に、たった1ヶ月ぐらい、と軽い気持ちでいるのは大きな間違いです。たとえ1ヶ月であっても、引き落としができないとなれば、カード会社には損害が生じてしまうのです。
例えば、信販系のクレジットカードやショッピングクレジットなどにおいては、審査に関してペナルティが発生します。支払が遅れている間は、ローンなどを組むことができなくなります。
たとえ、1回の支払いが数千円でも数万円でも、支払いが遅れたことに変わりはありません。これが、頻繁に発生したり、予定の支払い通りに払われていない場合には、カードの更新や再発行についても支障が生じることがあります。また、使用停止にされることもありうるのです。
何らかの理由で1ヶ月分の支払いを遅延してしまったら、速やかにカード会社に連絡をして、支払の回数遅れが無いように支払いの手続きをしましょう。ともかく連絡を入れて、支払いの意志があることを示しておくことが大切なのです。
信販系のカードは比較的、規制が緩やかなのですが、銀行系のカードではそのようなことはありません。1ヶ月とはいえ、厳しいペナルティがあることを理解しておきましょう。くれぐれも遅延の無いように気を配ることが必要です。
強制的に退会というケースがほとんどです。また、ローンやキャッシングにおいて、新規の融資などが停止や残金の一括請求というケースも考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る