遅延の危険を自己診断する

厳しい審査をクリアして住宅ローンの審査にパスすれば、念願のマイホームを手に入れることができます。審査にはパスしたとはいえ、常に、支払いの遅延をするのではないかという心配はついて回ります。
ポジティブな考え方はリスクを増す、という人もいるでしょう。しかし、社会生活には何が起こるわかりません。もし、ローンの支払いが滞ってしまったらどのようなことになるのでしょうか。1度の遅延で済めばよいのですが、支払いの遅延状態が長期に渡ってしまうと、軌道修正をするのが大変になります。
遅延に陥りやすい条件には、どのような生活状況があるのでしょうか。自分の生活環境と照らし合わせて、チェックしてみるとよいでしょう。
例えば、住宅ローンの設定が高齢になるまで支払義務があるのは不安です。ローンの金利が固定金利選別型、あるいは、変動相場制の契約になっていると、金利が高額になっていることがあります。
また、預貯金を全て放出して、支払いに充てているとか、家族や子供の保険や教育費の積み立てができない状態である。といった、ギリギリの支払いも危険です。生活に潤いがなくなってしまいます。
他には、不測の事態で失職したとしても再就職できるだけのキャリアや資格、技術を持っていると、収入においての保険になりますので安心です。せっかく手に入れたマイホームを社会経済の不安定で失うことは避けたいものです。
あれこれと対応策を講じて回っても、家は失ったのに、住宅ローンだけが残ってしまった、という最悪のケースもるのです。ローンが払えない状態から抜け出せないようならば、速やかに専門家の指示を仰ぐとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る