支払いが2ヶ月間滞ると大ペナルティ

クレジットカードやローンの支払いには細心の注意を払っていたつもりなのに、引き落とし日の勘違いなどで滞ってしまうことがあります。返済が遅れると遅延の督促ハガキなどが来るのですが、気が付いたら、すぐにカード会社に連絡をしておくと良いでしょう。また、督促などのお知らせが来た場合には、設定されている期限内に支払の手続きをすることも大切です。いずれの場合にも速やかな対処をすれば、1ヶ月の遅れ程度で、支払いの意志があれば大きなペナルティにはなりません。

ただ、遅れてもあとで支払えばいいんだ、というような感覚でいると、遅延することに対して罪の意識が薄くなってきて、さらに延滞をしてしまうことになります。支払いの遅れに対して、寛容に対処してもらえるのは1度だけです。これが、2度目となってしまうと、厳しいペナルティが科せられてきます。カードローン会社やクレジットカード会社からの信用の失墜ということ以外に、大きなペナルティがあるのです。まず、ローン会社やカード会社から退会させられてしまうことがあります。退会に至らなくても、使用停止という処置をされます。このようなペナルティは、カードを契約する際に、契約書や約款に記載されているはずです。面倒くさがらずに、きちんと読んで確認しておく必要があります。

さらに、1ヶ月でも支払いの遅延があると、個人信用情報機関に情報が伝わってしまいます。これが2ヶ月になると金融事故情報として扱われ異動登録という処置が行われます。こうなると、社会的にもあまり良い影響がありません。各社とも登録時の審査の際には、個人信用情報機関のデータを閲覧しますので、別の会社でお金を借りようとしても審査が通らず借りられなくなります。このように遅延はしないに越したことはありません。支払いに遅れてしまうような場合には、連絡をとり、速やかに対処するとよいでしょう。

返済がどうしても厳しいという場合は、借金の専門家の弁護士や司法書士が運営する無料相談窓口を利用することをおすすめします。借金を減額できたり、利息分の支払いを免除してもらうなど、さまざまな解決方法を教えてもらえますし、借金を減らせることも少なくありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る