残高確認で遅延しない

クレジットカード買い物をするのは、とても楽ちんです。欲しいものを見つけても、お財布の中に持ち合わせがなかったり、一度で支払いをするには高額な商品の場合にはとても重宝します。
しかし、絶対に忘れてはいけないことがあります。それは、購入金額の引き落とし日です。引き落としができなくて遅延してしまうと、後で面倒です。
カードの利用で当月引き落としということはほとんどありません。たいてい、買い物をしてから翌月と翌々月に引き落としになります。口座に引き落とし金額が不足しないように入金しておきましょう。
残高不足で引き落としができないと、支払い遅延 ということになってしまいます。気を付けていても、仕事が忙しかったり、引き落とし日を勘違いしてしまったりして、うっかりと忘れてしまうこともあるのです。
たいてい、カードの利用代金は早朝に引き落としをします。残高不足に引き落とし当日に気が付いた場合には、カード会社に連絡をすると、当日に再度手続きをしてくれることもあります。
後日振込、という方法もあります。この場合は、通常の口座からの引き落としではなく、カード会社の指定する口座に振り込むことになります。または、振込用紙が送られてくることもあります。指定期日内にかならず入金しましょう。
クレジットに大切なのは、信用です。支払い遅延が頻繁に起こると信用が失墜してしまいます。うっかりであっても、残高不足は信用度にマイナスとなってしまいます。残高不足に気が付いたら、一刻も早くカード会社に連絡を入れておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る