支払い遅延がある場合の住宅ローン審査

クレジットカードは便利ですが、気を付けていないと支払いが滞ってしまうことがあります。遅延にすぐに気が付いて、入金などの支払い手続きができれば大きな問題にはならないでしょう。
しかし、支払の滞りが数回になってしまうと、デメリットがいろいろと発生します。住宅ローンなどの審査において、不利になる場合があるのです。
個人信用情報機関には、カードの支払い遅延があると登録されてしまいます。1度の支払いの遅れでは、大きな傷にはなりませんが、3度連続で支払いが滞ってしまった場合には、複数ある情報機関に情報が共有されてしまうのです。
住宅ローンを申し込んだ場合に、情報の共有が行われていると審査には不利に働きます。たとえ完済済みでも完済後数年は情報が保持されますので、情報が削除されないうちは審査に通らないと覚悟した方がよいでしょう。
また、たいていの場合1度目の支払い遅延は大目に見てもらえます。しかし、支払う意志が見受けられない場合には、信用を得られないこともあります。カードの利用をするときには、支払いはきちんと行えるという確信が必要です。
住宅ローンのような大きい買い物の場合には、経済状態や、毎月の収入、預貯金なども調査の対象になります。たとえ、経済状態が審査の合格ラインでも、支払いの遅延に開き直るような態度でいると、印象が悪くなってしまいます。逆に支払いの滞納の理由に特別な事情がある場合には、ローン会社の担当者に相談すれば、審査にパスする可能性もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

住宅ローンを抱えて失業してしまったら
一生に一度の大きな買い物といえば、家でしょう。その夢の実現のためには、長期間の住宅ローンを組んで支払いを行います。しかし、最近の不況で、将来に渡って完済できるかどうか、支払いの遅延が不安な人も多いので... 住宅ローンを抱えて失業してしまったらの続きを読む>
住宅を任意売却する
やっと手に入れたマイホームなのに、住宅ローンが払えなくなってしまったという人が意外と多いです。支払いが長期にわたって遅延してしまうと、最終的には住宅の競売という形を取らざるをえません。しかし、そこまで... 住宅を任意売却するの続きを読む>
支払い遅延がある場合の住宅ローン審査
クレジットカードは便利ですが、気を付けていないと支払いが滞ってしまうことがあります。遅延にすぐに気が付いて、入金などの支払い手続きができれば大きな問題にはならないでしょう。しかし、支払の滞りが数回にな... 支払い遅延がある場合の住宅ローン審査の続きを読む>

このページの先頭へ戻る