住宅ローンは遅延すると競売

住宅ローンを組むのは大変です。将来にわたって何十年も支払い続ける覚悟が必要です。また、審査を申請するに当たっては、収入や預貯金などの経済状態も申告する必要があるのです。
いざ審査に通ったとしても、毎月の支払いは負担にならないかといえば、そんなことはありません。収入の減額、失職など支払えなくなる原因がいつ襲ってくるのかわからないからです。不慮の事故や病気の不安もあるでしょう。
毎月の支払いを遅延してしまう原因はいろいろな考えられます。最も多いとされる支払いの遅延の理由は、引き落とし日までに入金するのを忘れてしまった、残高の計算を間違えたということです。
しかし、どんな理由かあっても返済の遅延は許されません。支払を滞らせたままでいると、支払金を工面できなければ、最終的には競売という形での返済をすることになるのです。
不動産は競売は入札制ですが、最低競売価格は市場価格よりずっと低く評価されます。競売で家が売れたとしても、ローン分が相殺されれば良いのですが、不足することもありうるのです。
家を売ってしまえば、借金は清算されるということはありません。これまで支払ってきた金額は戻ってきませんし、住宅ローンが残ってしまえば、不足分は継続して支払う義務が生じます。
住宅ローンで支払いができなくなった場合はの最終手段が、家の競売です。それでも未払い金額が残るようならばあとは自己破産しか道はありません。自己破産をするとローンの支払い義務は連帯保証人に移り、迷惑をかけてしまうことになります。
ローンを組む際には、無理な支払計画を立てないことが大切です。そして、できるだけ支払いを遅延しないという覚悟も必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

住宅ローンを抱えて失業してしまったら
一生に一度の大きな買い物といえば、家でしょう。その夢の実現のためには、長期間の住宅ローンを組んで支払いを行います。しかし、最近の不況で、将来に渡って完済できるかどうか、支払いの遅延が不安な人も多いので... 住宅ローンを抱えて失業してしまったらの続きを読む>
住宅を任意売却する
やっと手に入れたマイホームなのに、住宅ローンが払えなくなってしまったという人が意外と多いです。支払いが長期にわたって遅延してしまうと、最終的には住宅の競売という形を取らざるをえません。しかし、そこまで... 住宅を任意売却するの続きを読む>
支払い遅延がある場合の住宅ローン審査
クレジットカードは便利ですが、気を付けていないと支払いが滞ってしまうことがあります。遅延にすぐに気が付いて、入金などの支払い手続きができれば大きな問題にはならないでしょう。しかし、支払の滞りが数回にな... 支払い遅延がある場合の住宅ローン審査の続きを読む>

このページの先頭へ戻る