秋田県の借金相談を無料で|借金返済の無料相談ができる弁護士や司法書士事務所



できる限り借金返済金額を減らしたい。利息だけを払い続けているみたいで借金が減らない...

借金が減らない原因というのは秋田県でも一般的に利息になります。

利息は完済しない間はかかり続けますが、月々の返済額が利息の追加分と比べて少なければ借金総額は減らないですし増加してしまいます。

最初から金利が高かったり、滞納してしまって遅延損害金が上乗せされていたり、自転車操業で別の会社から借りてしまっているなどといった原因が多いです。また、リボ払い等で月当たりの返済額を最低返済額に設定している人も多いですが、できるだけ月当たりの返済額を増やして債務の元金を返済していく事が重要になります。

秋田県で、これ以上、生活が困窮していて、月々の返済額を上げることが厳しいというような方は債務整理等をして借金を減らすことも考えましょう。

借金相談していることを家族に知られたくない

秋田県でも、借金相談の際に弁護士や司法書士などというような相談相手に「家族に知られたくない」という希望を頼めば守秘義務とともに手続きしてもらえます。

借金がいくらなのかわからない?どの会社から借りたかわからない?

何社かの会社にて借り入れしていたり、借りている期間が長いと、元の借入の合計がどれくらいなのかわからない、さらに、どこの消費者金融で借りたのかわからないというような人というのは秋田県でも少なくありません。

最初に、領収書、取引の履歴を見つけてください。

領収書や取引の履歴が見つからない場合は、CICや日本信用情報機構(JICC)や全国銀行協会(全銀協)といった信用情報機関にて情報を調べることが可能です。

自ら調査することができない場合は弁護士や司法書士事務所が行っている無料相談を頼ってみましょう。

借金はいくら以上になるとヤバイ?

秋田県でも、通常は年収の3分の1以上になってしまうと返すのが大変になってしまうといわれます。

とはいえ、借金の総額が大きくなると比例して利息も増えます。100万円を借入して3か月でスグに返済するケースと1年ほど返済するケースでは利息の総額は全然変わってきます。

どのくらい借入できるかを意識する事も重要ですが、どのくらいの期間で完済できるかを意識する事のほうが重要になってきます。

借金を放置するとどうなる?

借り入れを返さないでそのままにしくおくと、元々の返済額に遅延損害金を支払わなければなりません。

当然ですが、電話や文書で督促が続けられます。さらに返さないでいると、一括返済するように請求されたり、債権者が訴訟を起こす事もあります。

さらに進むと財産が強制的に差し押さえられることになります。

車や家財や不動産にかぎらず給料も差し押さえられてしまいます。引越しをしても、債権者は債務者の戸籍や住民票を取得できるため、逃げる事は厳しいです。

そうなる手前で債務整理により借金の減額をしていく事が大事になります。

リボ払いの残高がなかなか減らない

リボ払いについても借金と同様に利息がかかるため、返済期間延びてくると利息が多くなり返済総額も増えます。

リボ払いの一か月の支払金額が利息分を上回っていないとリボ払いの残高は増えていきます。

最善の解決策は一括して返済してしまう事になりますが、月当たりの支払額に加えて支払う繰り上げ返済を行っても、未来の借金総額を低くすることができます。できるだけスグに返し終えることがポイントになります。

借金まみれ、借金地獄で借金が返せない(秋田県の借金相談)

お金を借りると利息が上乗せされます。月当たりの返済をするために別途お金を借りると、その分だけ利息が上乗せされます。

言い換えれば、お金を借りるということは借りた金額にプラスして返済することになるということを理解する必要があります。

利息で上乗せされた金額以上金額を支払わないと借金は減らないです。秋田県でも、これ以上、生活困窮のために一か月の返済を払えないというような方は、債務整理によって債務の減額をすることが必要です。



秋田県の借金相談

秋田県で借金返済の無料相談ができる弁護士や司法書士事務所を紹介しています。

弁護士法人ユア・エース

特徴
  • 全国24時間受付対応
  • 借金の無料減額診断可能
  • 過払い金の無料減額診断可能
  • 家族に内緒で相談可能
費用 ■任意整理
着手金:債権者1件につき¥55,000〜(税込)
報酬金:債権者1件につき¥11,000〜(税込)
減額報酬:11%(税込)
過払い金報酬:過払い金回収額の22%(税込)
訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
法人の場合、費用が異なる場合がありますので、お問い合わせの際にご確認ください。
税法の改正により消費税率に変更があった場合は、税法改正後の税率の消費税がかかります。
■完済過払い請求
着手金:¥0
過払い金報酬:過払い金回収額の22%(税込)
訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
自己破産、個人再生の費用については別途ご相談ください。
法人の場合、費用が異なる場合がありますので、お問い合わせの際にご確認ください。
税法の改正により消費税率に変更があった場合は、税法改正後の税率の消費税がかかります。

アヴァンス法務事務所

特徴
  • 全国24時間受付対応
  • 女性専用の相談窓口を設けています
  • 家族に内緒で相談可能
費用 <任意整理・過払い金請求>
相談料 0円
着手金(1社あたり)11,000円~(税込)
※負債金額や取引内容に応じます。詳しくは、お問い合わせください。
解決報奨金(1社あたり)11,000円(税込)
減額報酬 減額または免除できた金額の11%(税込)
※着手金は、分割払いが可能です。
※過払い金を取り戻した場合は、過払い金に対して22%(税込)の成功報酬が別途必要です。

秋田県でできる借金の債務整理

任意整理

任意整理はお金を貸している側と利息をなしにするなどのような交渉で借金を減らします。

貸金業者やクレジットカード会社と利息をなくすよう和解交渉をして、利息制限法の上限金利以上の部分は昔支払った額とともに引き直し計算します。この段階で借金の返済額は大幅に減らすことが可能です。

続いて、残った元本分は3年程度の分割払いで返済できるように貸金業者と交渉します。

一般的に任意整理においての和解交渉は弁護士や司法書士が代理人となって交渉します。

裁判所を通さないで、債権者と交渉していくため、自己破産や個人再生と比べて手続きが簡単になります。

債務整理で、最もよくつかわれるのが任意整理の手続きになります。

個人再生

個人再生というのは債務が返せない方が裁判所を利用して借金を減額する手続きです。

会社などが対象の民事再生もありますが、個人を対象とする小規模個人再生などを個人再生と呼びます。

債務を5分の1ほどまで減らして、残った借金を3年から5年かけて返していく再生計画案を立案します。この再生計画案が裁判所で認可されれば、減った部分の債務は免除されることになります。

任意整理が利息に限った減額なのに対し、個人再生は借金の元本も減額になるため、減らせる金額も大きいです。

自己破産と違って財産が処分されないので自己破産はしたくないけれど、任意整理より多く借金を減額したい方の選択肢になります。

自己破産

自己破産というのは借金の返済能力がないことを裁判所に認めてもらうことにより借金の返済義務を免除する手続きになります。

裁判所が定める99万円以下の現金や20万円以下の預貯金などは手元に残せます。また生活用品についても手元に残せますが残りの財産については債権者に分配します。

借入は今後約5〜10年ほどできませんし、住所と氏名が官報という国が発行する機関紙に載せられます。家族については保証人になっていない場合は、家族への影響はおよびません。

破産者が一定額を超える財産を有していたり、免責不許可事由に当たる場合は管財事件となってきますが、個人の自己破産については破産管財人が選任されない同時廃止となるのが普通です。

過払い金請求

かつては上限を29.2%とする出資法と15.0%〜20.0%が上限の利息制限法というような2つの法律があり、グレーゾーン金利と呼ばれる利率が高い利息が課される時代がありました。その後、法改正を行い上限金利が引き下げられています。

昔の上限以上に支払った金利部分については、過払い金として請求することで返還してもらえます。過払い金は最後の返済から10年経つと時効で過払い金請求できなくなってしまいます。

借金の時効援用

消滅時効の援用、いわゆる時効援用とは借金返済を長い間していない場合(一般的には5年程度)、時効を主張する手続きをすることで借金をなくすことができる制度になります。

自動では適用されないため、時効援用の手続きをしなければなりません。


地域を絞り込む

大館市/能代市/大仙市/仙北市/鹿角市/横手市/山本郡三種町/にかほ市/仙北郡美郷町/秋田市/北秋田市/男鹿市/湯沢市/由利本荘市/潟上市/

秋田県でも返済に苦慮していて、取り立てを何とかしたいというような方はたくさんいるようです。家とか勤務先などまで督促電話が来たりすると精神的苦痛も大きくなってきます。催促電話のみならず、自宅まで訪問されるとかなりきついです。でも、取り立てをSTOPする手段もあります。借金問題の得意な担当者の方などに対処をすすめてもらえば、取り立てを止めさせることができます。悩みが増す前に、ひとまず相談してみるというのが良いです。

借金返済を何とかするために民事再生などの対応をする時は、秋田県でもたくさんの人が司法書士などの得意な担当者などに依頼するようです。そのような時に、家族とか会社の人に知られないか気がかりですよね。そういったた時はプライバシー厳守にて対応してもらえるところにするようにしてください。郵便の記載等にて配慮してもらえたり、電話の応対にも処理してくれるなど、しっかり注意を払ってくれます。特に会社に知られずにしておきたいときは内緒で処置してくれる所にしましょう。

当サイトでは、秋田県の無料の借金問題の相談受付窓口の中から人気のところにしぼりこんですすめています。