愛媛県の借金相談を無料で|借金返済の無料相談ができる弁護士や司法書士事務所



ほんの少しでも借金返済金額を減らしたい。利息だけ支払い続けているみたいで借金総額が減らないのはなんで?

借金が減らない原因は愛媛県でも多くの場合は利息です。

利息は返済が完了しないあいだは追加され続けますが、月の返済額が利息の追加分よりも少ないと借入総額は減らないどころか増加し続けます。

借りたときの金利がきつかったり、滞納して遅延損害金がかかっていたり、追加でほかの貸金業者から借り入れしているなどというような原因が考えられます。また、リボ払い等で毎月の返済金額を最低返済額に設定している人も少なくないようですが、可能な限り月当たりの返済金額を多くして債務の元金を減らしていく事が必要です。

愛媛県で、これ以上、困窮していて、月の返済金額を多くするのが厳しいという方は、債務整理などにて借金を減らすことも選択肢に入れましょう。

借金相談していることを家族に知られたくない(愛媛県の借金相談)

愛媛県でも、借金相談をするときに弁護士や司法書士などというような相談相手に「家族にばれたくない」ということを伝えれば、守秘義務を守りながら行ってくれます。

借金がいくらなのかわからない?どの会社で借りたかわからない?

いくつかの貸金業者で借り入れしていたり、借入している期間が長期間だったりすると、自らの借金の額がいくらあるかわからない、さらに、どの消費者金融にて借りたのかわからないというような方は愛媛県でも少なくないです。

手始めに、領収書とか取引履歴について見つけてください。

領収書、取引の履歴が見当たらないときは、CIC、日本信用情報機構(JICC)や全国銀行協会(全銀協)というような信用情報機関にて情報を調べることが可能です。

自ら調査することが難しいときは、弁護士や司法書士事務所の無料相談を利用してみましょう。

借金はいくら以上あるとヤバイ?(愛媛県の借金相談)

愛媛県でも、だいたい年収の3分の1以上を超えると返済するのが難しくなってしまうといわれています。

ただ、借金の金額が大きいとそれだけ利息も高くついてきます。100万円借りて3か月でスグに返済する場合と1年以上かけて返済するケースでは利息の金額は全然違います。

どのくらい借りられるかを意識するのも重要でありますが、いつまでに返済が終わるかということを意識する事のほうが重要になってきます。

借金を放置するとどうなる?

借り入れを返さないでそのままにしくおくと、元々の金額に遅延損害金を支払わなければなりません。

当然、督促の電話や督促はがきなどで督促が続けられます。さらに払わないときは、一括返済を求める請求が来たり、裁判所に債権者が訴訟を起こすこともあります。

さらに行くと財産が強制的に差し押さえられます。

車や家財や不動産のみならず給料についても差し押さえられてしまいます。名前や住所を変えても、債権者は債務者の戸籍や住民票を取得可能なので、踏み倒す事は困難です。

そうなる手前で債務整理により借金の減額を考えることが大切です。

リボ払いの残高がなぜか減っていかない

リボ払いも借金と同様に利息がかかるため、時と共に利息が増加して返済総額も増えます。

リボ払いの月当たりの支払額が上乗せされる利息を上回らないとリボ払いの残高は減らないです。

最も適した方策は、一括して返済してしまうことですが、月当たりの支払いに追加して支払う繰り上げ返済を行っても、後の返済金額を低くできます。できるだけ短期で返し終えることがポイントです。

借金まみれ、借金地獄で借金が返せない

お金を借りると利息が上乗せされます。一か月の支払のために別途お金を借りると、その分にも利息が追加されます。

言い換えれば、お金を借入するともとの金額にプラスして支払うことになるということを理解する必要があります。

利息分以上金額を返していかないと借金は減らないです。愛媛県でも、生活に困窮していて一か月の返済額を払えないという人については、債務整理などによって債務の減額を考える事が大切です。



愛媛県の借金相談

愛媛県で借金返済の無料相談ができる弁護士や司法書士事務所を紹介しています。

弁護士法人ユア・エース

特徴
  • 全国24時間受付対応
  • 借金の無料減額診断可能
  • 過払い金の無料減額診断可能
  • 家族に内緒で相談可能
費用 ■任意整理
着手金:債権者1件につき¥55,000〜(税込)
報酬金:債権者1件につき¥11,000〜(税込)
減額報酬:11%(税込)
過払い金報酬:過払い金回収額の22%(税込)
訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
法人の場合、費用が異なる場合がありますので、お問い合わせの際にご確認ください。
税法の改正により消費税率に変更があった場合は、税法改正後の税率の消費税がかかります。
■完済過払い請求
着手金:¥0
過払い金報酬:過払い金回収額の22%(税込)
訴訟による場合は、過払い金回収額の27.5%(税込)
自己破産、個人再生の費用については別途ご相談ください。
法人の場合、費用が異なる場合がありますので、お問い合わせの際にご確認ください。
税法の改正により消費税率に変更があった場合は、税法改正後の税率の消費税がかかります。

アヴァンス法務事務所

特徴
  • 全国24時間受付対応
  • 女性専用の相談窓口を設けています
  • 家族に内緒で相談可能
費用 <任意整理・過払い金請求>
相談料 0円
着手金(1社あたり)11,000円~(税込)
※負債金額や取引内容に応じます。詳しくは、お問い合わせください。
解決報奨金(1社あたり)11,000円(税込)
減額報酬 減額または免除できた金額の11%(税込)
※着手金は、分割払いが可能です。
※過払い金を取り戻した場合は、過払い金に対して22%(税込)の成功報酬が別途必要です。

愛媛県でできる借金の債務整理

任意整理

任意整理は貸金業者と利息を減らすなどといった交渉によって債務を減額します。

債権者と金利をなしにするように和解交渉をし、利息制限法の上限金利以上の部分については過去に支払った額も合算して引き直し計算をします。ここまでで借金の金額はかなり減額することが可能です。

続いて、残りの元本分は3年ほどの分割で返していくよう債権者と交渉していきます。

基本的に任意整理の和解交渉については弁護士や司法書士が代理人となって行います。

裁判所は通さずに債権者とすすめるので自己破産や個人再生と比べて手続きがカンタンです。

すべての債務整理の手続きにおいてよく使われるのが任意整理の手続きになります。

個人再生

個人再生は借入の返済ができなくなった方が裁判所を通して借金を減額する手続きです。

法人を対象とした民事再生もあるのですが、個人を対象にした小規模個人再生などのことを個人再生と言います。

借金を5分の1くらいまで減額して、残りの借金を3年から5年で支払っていく再生計画案を作ります。この再生計画案が裁判所において認可されると減らされた部分の債務は免除されることになります。

任意整理が利息のみの減額であるのに対して個人再生では借金の元本についても減額対象となるため減額幅が大きくなります。

自己破産のように財産の処分が行われないので、自己破産はしたくないけれど任意整理よりたくさん借金を減額したい人に向いています。

自己破産

自己破産というのは、債務の返済能力がないということを裁判所に判断してもらうことによって借金の支払義務を免除してもらう手続になります。

裁判所が定めている99万円以下の現金と20万円以下の預貯金などは処分されないです。さらに生活必需品についても処分されないですが、残りの財産は処分して債権者に分配します。

借金については今後5〜10年程度できませんし住所氏名が官報に載せられます。家族については保証人になっていない場合は、家族に影響があることはありません。

破産者が基準を超える財産を有していたり、免責不許可事由に該当するときは管財事件となりますが、個人の自己破産は破産管財人が選任されない同時廃止で行うのが一般的です。

過払い金請求

昔は29.2%が上限の出資法と上限を15.0%〜20.0%とする利息制限法といった2つの法律があり、グレーゾーン金利といわれる高い利息が設定される時期がありました。現在は法改正により上限金利が引き下げられました。

かつて上限を超えて支払った金利分については、過払い金として請求すれば返還してもらえます。過払い金は最後の返済から10年を過ぎると時効となり過払い金請求できなくなってしまいます。

借金の時効援用

消滅時効の援用、いわゆる時効援用とは借金返済を長期間行っていない場合(一般的には5年程度)、時効を主張することによって借金を消滅させる制度です。

自動では適用されず、時効援用のための手続きを行う必要があります。


地域を絞り込む

伊予市/八幡浜市/新居浜市/大洲市/西条市/東温市/伊予郡砥部町/北宇和郡鬼北町/西宇和郡伊方町/今治市/西予市/上浮穴郡久万高原町/宇和島市/松山市/喜多郡内子町/四国中央市/伊予郡松前町/南宇和郡愛南町/

借金返済の相談は、どうしてもまわりにし難いものですよね。借金についてこまっているといった事をまわりに知られたくない人も愛媛県では珍しくないです。そのような人は、スマホやインターネットにて0円で使える借金返済の相談窓口を使用するようにしましょう。メールで聞けますし、内々で処理してもらえます。独りでは見つけられない解決策を伝授してもらえる事もありますので、独りだけで抱え込んでしまわないで、気軽に任せてみましょう。

過払い額返金手続きをする人が愛媛県でも増えています前に借りた経験がある人の中には、気づかないうちに払わなくていい利息を払っている方も珍しくありません。そうした人は手続きをやることによって過払い分の利息を返金可能です。請求をやる場合は司法書士事務所などに依頼するのが一般的です。相手になる金融会社とのやりとりもあなたの代理人として行ってくれますし、手数料も返金してもらった額の中から発生するので大丈夫です。

愛媛県の、信用して使える無料の借金の返済の相談窓口をすすめていますので、参照してみてください。