引っ越しでカードの支払いが遅れてしてしまったら

引っ越しは簡単そうで大変です。荷物だけ移動すれば済むというものではないからです。電気、ガス、水道などの引っ越し手続き、インターネット、固定電話などの異動の手続きがあります。住所も変わりますので、預貯金や保険の現住所などの変更も必要です。
クレジットカードの情報変更も忘れてはいけません。銀行口座の住所変更はしても、カードの住所変更を忘れてしまうということはしばしばあります。引き落とし口座に必要な金額が積まれていれば良いのですが、もしも不足してしまった場合に、連絡がつかないということが考えられます。明細書や督促状などが届かないという不備があると、支払いの意志があるとはみなされないことがあるのです。
引き落としの不備があると、社会的な信用度が下がってしまいますので、次の支払日が来るまでに遅延を解消することが大切です。引っ越しが決まったら、諸々手続きが終了するまでの間、支払いの遅延が起こらないように多めの入金をしておくとよいでしょう。
また、引っ越しに際して、住所などの情報変更を必要とする項目を一覧表にしておくと便利です。漏れがないかどうかは、インターネットなどに引っ越し時の注意点などとして情報がありますので、チェックしてみるとよいでしょう。
さらに、カードを複数持っている場合には、用途別、利用頻度によって、整理しておくとよいでしょう。日ごろのちょっとした習慣が、いざというときに支払い遅延をしてしまうようなデメリットから回避することができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加





記事関連ページ

費用と必要経費について
自己破産の手続きを行うにも費用や必要経費のお金がかかりますので、金額を把握しておきましょう。同時廃止、管財事件(少額管財事件)で違ってきますが、裁判所に支払う予納金と、弁護士や司法書士に支払う報酬に分... 費用と必要経費についての続きを読む>
自己破産を行なう利点
自己破産を行なうことを決め、手続きを済ませて免責決定を受けた場合、色々なメリットを受けることになるでしょう。最もありがたいことは、借金に苦しむことが無くなることでしょう。借金を抱えた生活では、不安で夜... 自己破産を行なう利点の続きを読む>
特定調停とは
自己破産の他に、特定調停という債務整理の方法があります。これは任意整理と似た方法で、借金の見直しを図り、減額できる場合があります。特定調停の場合は、債権者と和解するために裁判所の仲介が入ることが、特定... 特定調停とはの続きを読む>

このページの先頭へ戻る